【失敗しないファンド選び】ソーシャルレンディングのファンドって?違いを比較

[chat face=”nogatakar.png” name=”管理人” align=”right” border=”none” bg=”green” style=””]今回はソーシャルレンディングの投資先について学んでいきます![/chat] [chat face=”tousiwoman.png” name=”投資初心者” align=”left” border=”none” bg=”gray” style=””]早く投資させて[/chat]

本記事を書いているぼくはソーシャルレンディングを1年100万円以上運用していて、結論から言いますと、運用した資金はすべて返ってきて元本割れはありませんでした。

今回は、ソーシャルレンディングにはどんな投資先があるか見ていきます。あわせてその投資先が得意なソーシャルレンディング会社も紹介していきます。

選択肢は多くあるので自分にあったソーシャルレンディング会社をぜひ見つけてみてください。

[toc]

ソーシャルレンディング投資先(ファンド)の種類

主なソーシャルレンディングの投資先(ファンド)は下記の分け方ができます。

投資先(ファンド)パターン

  • 投資国:国内・海外
  • 投資相手:企業・個人
  • 投資期間:短期・長期
  • リスクヘッジ:保証・担保付きかどうか
  • 投資先種類:中小企業・不動産・エネルギー(太陽光、風力など)
  • 利回り:低い・高い(その分リスクも変わってくる)

ひとつずつ見ていきます。

ファンドパターン①:投資国

まずひとつめは「国」です。

多くの場合は国内ファンドですが、海外投資をしているファンドもあります。

海外投資のメリットしては、基本的に利回りが高いです。

海外投資をメインに行なっているクラウドクレジットでは+10%以上のファンドも多く存在します。

ただその分リスクもあるということは頭に入れておいてください。

海外投資をしているソーシャルレンディング会社

ファンドパターン②:投資相手

つづいて「投資相手」です。

投資相手は企業もしくは個人に分けられます。

イメージしてもらえばカンタンだと思いますが、企業に投資するよりも個人に投資する方が信用はないですよね?

つまり、個人に投資するファンドでは利回り・リスクともに高くなる傾向です。

個人投資をしているソーシャルレンディング会社

クラウドクレジット

ファンドパターン③:期間

つづいて「投資期間」です。

短期ファンドか長期ファンドかに分けられます。

両者ともメリットがあって、

期間が短いファンドなら、リスクが少ない、資金ロックされる期間が短い

期間がないがファンドなら、時間ロスが少ない※、償還額が高くなる

時間ロスとは

期間が短いファンドだと募集から実際にファンドが運用するまで待機期間があり無駄な時間をロスしてしまうが、長期ファンドはそのようなことがない

両者は一長一短ですので自分にあったファンドを選ぶのがいいですね。

投資期間別ソーシャルレンディング会社

短期ファンドの取扱いが多い会社(1年以下)

長期ファンドの取扱いが多い会社(1年以上)

ファンドパターン④:リスクヘッジ

リスクヘッジという部分では、担保があるか・保証があるかというところです。

もちろん、貸し倒れがないに越したことはありませんが、もし貸し倒れが発生した時に担保・保証がついていれば全額・一部投資したお金が返ってくる可能性があります。

ただ、担保・保証があったとしてもそれらに価値がなければ意味はありません。

以下に紹介するソーシャルレンディング会社は価値のある担保を備えていますよ。

不動産担保完備のソーシャルレンディング会社

投資先パターン⑤:投資先の種類

投資先の種類は投資した先がどのようなものに投資されているかということです。

主に、事業者や不動産、最近ではエネルギー分野(太陽光・風力・バイオマス発電)などに投資しています。

ソーシャルレンディング会社別メインの投資先

 

最終的には利回りを見つつ判断しましょう

上記の投資先パターンを顧みて最終的に利回りが変わってきます。

ざっくりいうと当たり前ですが、

利回りが高ければその分リスクが高くなる

リスクを低くしたければ、その分利回りも低くなる

という感じですね。

この辺は自分の状況と投資スタイルのよって変わってきますので自分のスタンスを決めておきましょう!

リスクをとって利回りを高くしたいのか・リスクを抑えたいのか

他の投資とのポートフォリオとのバランスを見て決めてもいいですね。

「他の投資でアグレッシブな投資をしているのでソーシャルレンディングではリスクを抑えて安全に投資していく」というような感じです。

 

まとめ:ソーシャルレンディングの投資先

いかがでしたか?

今回説明した投資先パターンがありますので、最終的には利回りを見つつ自分の状況にあったファンドに投資してみてください。

おすすめのソーシャルレンディング会社は以下の記事でランキングにして紹介していますので参考にしてみてください。

 

おすすめソーシャルレンディング会社を紹介

実際に運用した実績や調べた内容から「特に質が高く、コスト面・サービス面でも優秀なソーシャルレンディング会社」をランキング形式で紹介しています。
ソーシャルレンディングは会社選びが超重要。過去に元本割れがない会社を選んでいます。

>>この記事を読む

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。